1月25日全国書店にて発売!

購入サイトへ

目次

はじめに 私は昔、絵に描いたダメダメリーダーの典型でした

  • あなたはこんなことで悩んでいませんか? 「うまくいかないのは、スタッフがただ無能なだけではないか?」
  • スタッフのステージに合わせた5つの方法を紹介
  • 本や研修のモチベーションアップ法の多くは役に立たない!
  • 多くの会社で「ステージ」と「スイッチ」のミスマッチが起こっている
  • 自立型の社員を育てることが本書の最大の目的

序 章 「スタッフはやる気がなくて当たり前!」からはじめよう

  • なぜ、スタッフは自分から動こうとしないのか?
  • どうすれば、自ら動くようになるのか?
  • スタッフに期待しても100%裏切られるようになっている
  • やる気はあるけど、空回りしている残念なスタッフの存在
  • 「公開えこひいき」がスタッフのやる気に火をつける
  • 二重人格になれるか?
  • 部下はリーダーが「何に頭を下げるのか?」を見ている
  • スタッフのやる気を引き出し、持続させるには?

第1章 「お金」と「人間関係」で運命の9割は決まる

  • 1.第1ステージ「無責任な〝デモ隊ステージ〟」にいる人たちはこんな人
  •  毎月の個人的な収支がマイナス
  •  人や会社の悪口や不満の天才
  • 2.現在の自分の収入と支出の状況を認識してもらう
  • 3.収支をプラスにするための行動規則・ルールを自分自身で決めてもらう
  • 4.下げマンと決別し、上げマンと付き合う
  • 5.理想の自分の姿をイメージさせる
  • 6.具体的な行動計画を創ってもらう
  • 7.小さな成功体験をんでもらい、自己承認と他者承認の味を覚えてもらう
  • 8.日々の行動ルールを創ってもらう

第2章 一生で一番重要な鍵を握る "情熱のキーワード"をつけてもらう

  • 1.第2ステージ「愚痴仲間が多い〝愚痴集団ステージ〟」にいる人たちはこんな人
  •  毎月の個人的な収支がプラスマイナスゼロ
  •  できない理由を言わせたら天才
  • 2.「情熱のキーワード」を見つけるためのキーワードを1000個考えてもらう
  • 3.情熱のキーワード発見の8ステップ
  • 4.情熱のキーワードを基準に行動してもらう
  • 5.ワクワクすることを見つけてもらう
  • 6.ドリームキラーと決別してもらう
  •  何の仕事をするのかよりも「誰と付き合うか?」に重きを置く
  • 7.給料の対価は「価値」であることを認識してもらう

第3章 自分の独自性とポジションを明確にしてもらう

  • 1.第3ステージ「会社に必要な〝忠犬ハチ公ステージ〟」にいる人たちはこんな人
  •  毎月の個人的な収支はプラス
  •  自分のことで精一杯
  • 2.得意分野を見つけてもらう(ナンバーワンという結果を出す)
  • 3.リーダーを意識してもらう
  • 4.自分ひとりではなく部下と一緒にさらなる成功を目指してもらう
  • 5.市場や業界のことを熟知してもらう

第4章 自分の結果よりも、チーム全体のことを考えてもらう

  • 1.第4ステージ「プロ意識にあふれた〝大将ステージ〟」にいる人たちはこんな人
  •  プロ意識とプライドが高く、頑固な寿司屋の大将のような存在
  • 2.自分視点を手放し、チーム全体のことを考えてもらう
  • 3.チャレンジポスト制度を試してみる
  • 4.部下にさらなるチャレンジを考えてもらう
  • 5.自分の仕事を人に任せることを体験してもらう
  • 6.チームの成長を考えてもらう
  • 7.具体的なプラン・仕組みを考えてもらう

第5章 コミュニケーションの場を設ける

  • 1.第5ステージ「複数のチームを束ねる〝大親分ステージ〟」にいる人たちはこんな人
  • コミュニケーション不足が原因で何度もピンチを迎える
  • 税金が払えない
  • スタッフ間の対立
  • スタッフが次々と辞めていく
  • 親友レベルの情報共有ができているか?
  • カメレオンになる
  • 初めての体験をさせてあげる
  • 給料袋にメッセージを書いて渡す

おわりに